振り向けば、嗤うまりか。

進撃に、リヴァイに、短いレイヤー半生つかすべてを持っていかれました。悔い無き選択だった。原作見届ける覚悟ですが捏造パロディ色々好きなだけやらかしつつ愛を燃やし尽くしたいと思います。たまに溺愛しているちびエレリ出没。サイト :http://bunny52.wixsite.com/hydrangea#!Twitter:http://twitter.com/mari_kyan
[Show all]
進撃に、リヴァイに、短いレイヤー半生つかすべてを持っていかれました。悔い無き選択だった。原作見届ける覚悟ですが捏造パロディ色々好きなだけやらかしつつ愛を燃やし尽くしたいと思います。たまに溺愛しているちびエレリ出没。
サイト :http://bunny52.wixsite.com/hydrangea#!
Twitter:http://twitter.com/mari_kyan

しばらく

ついったーでの発信をやめます。どのアカウントも。

他人の評価でものごとの価値の決めたくない。目に入ったものを見るのではなくて、自分の意志で見たいと思ったものを見たい。ひとの言葉を自己解釈で信じて一喜一憂する時間から離れたい。目に見えるものより、目に見えない大切なものを感じたい。

ほしい情報は自分で取りに行きます。好きな作品には自分から会いに行きます。誰かのために情報を回す役目は、しばらくしません。自分が好きなものをTLという概念に向かってアピールすることを自己表現だと勘違いすることも、やめます。

好きな人に好きです応援していますと伝える手段としての「いいね」を送れなくなることは申し訳ないけれど、本当に大切な人には時間はかかるかもしれないけど、直接のメッセージで伝えに行きます。

ものの考え方、人となり、表現したいものを語りたいならまずは作品を作ること。或いはしっかりと文章をしたためること。

日々感じたことはここに投稿して、自分で後から確認しに来ることにします。
しばらく、ね。
あぁ

あぁ

いやだなあ、本を作るのが好きだ。
物語をつむぎたい。
本をまた、つくりたい。
ラストレター

ラストレター

この記事、誌面で読めるなら購入してずっと手元に置いておきたいくらい、よかった。

最近映画を見に行くと、期待していたものではないものを胸いっぱいに得て帰ってくることが多く、幸せな誤算だと思っている。今回もそうだった。売れない作家役の福山雅治さんの少しくたびれた姿を見てみたいと思っていたのに、散々泣かされた。奇跡は起こらない、けど、ひとが一歩踏み出すことで、止まったままの過去が動き出し、ひとつの救いがうまれた。表面上は何一つ変わらない日常の中に、たくさんの物語があった。止まったままの時間なんてものは本当は存在していなくて、誰かがそれを思い出すことで今に繋がる生きた時間になるのだろう。

高校時代、現在。2人の役者をひとつに繋ぐ表現は外見上の要素より、1人の人物を演ずるため魂を重ねることで、叶うのだと思った。
魂の、こころの見える映画。文字、ことばが有する威力。ただの伝達手段ではなく、意志を持った文章たち。そして、姿無くとも「なまえ」というもののもつ、圧倒的存在感。

感想も何も言えないけど、とにかくこの作品の透明感に自分の心も洗われた。夏の終わりの日差しと強い緑に自分の中の昏さも照らされた。ありがとう、ございました。

いつか原作を、読みたい。福山雅治さんの読後感想は、「過去の傷みからの柔らかな解放感」だったそうだ。私は、どうだろう。

そしてまた、手紙を書きたくなった。
いつか

いつか

笑って話せる日が来るかもしれないから、素直に白状しておこう。

自分は今、コスプレが、撮影が怖い。避けたい、と言ったらいいのだろうか。拒絶反応。
口に出したらおしまいだと思っていたから、頑なに認めずにいた。
写真は大好きだ。誇らしい。ずっとこうして好きなものを形にし続けることができたらどんなに幸せかと思っていた。けれども、怖いのだ。

自分は同人活動がしたくてコスプレを始め、同人誌が作りたくて写真集をつくってきたのだとずっと思っていた。私にできる唯一の二次創作が撮影と写真集作りだった。
それでも今の界隈を見回せば、同人活動とは性癖の表現方法だ。自分とて例外ではない。焦がれてやまなかったリヴァイ・アッカーマンは、憧れの対象や自分自身の容姿を変えてまで近づきたい存在ではなく、いつしか同人ネタの受け皿になっていた。
昨今のイベントでもそう思う。ファンアートと呼ばれていたような作品は今や激減し、コラボやパロディに沸く同人界。原作から遠く離れた人格。見えなくなる世界観。

原作者に対して恨み言を言うつもりはない。けれども、あまりに遠くに来すぎたのではありませんかと問わずにはおれない。
原作撮影がきつい、苦しいと思い始めたのは、なにもあの雷槍の一件から1年近く安否がわからなかった期間だけではない。あんなに近くに”いた”、実在感を自分自身で感じることができた、撮影場所を振り返ればそこに彼らが生きる場所が在るように思えた、泣いてしまうようなその愛おしい感覚たちが、もうずっとどこにもない。決定的な「原作の世界線で今も生きる彼」の不在感を感じながら、それでも彼の居場所を・帰る場所を守り続けたくて、がらんどうの空き家で必死に彼の気配を掻き集めていた。その糸が、切れかけているのだと思う。つらい。せつない。「コスプレ」をしている自分が滑稽に思える。
誰からもそう思われなくたって、少なくとも自分だけは撮影中は彼自身を身に宿していると考えていた、信じていた。のに、今はそのことさえ信じられない。恥、だ。空っぽのくせに。コスプレごっこなんかして。恥ずかしい。かなしい。

少しだけ、人に零したことだが、かつて進撃で二次創作をしていた、大好きだった方たちが、今年のリヴァイ誕にイラストを描いておられなかったこと。ジャンル移動ではなく、ただ何も言わず存在を薄めていくように進撃ジャンルの同人から離れていかれたこと。本当はすごく哀しく思っていた。あんなに、憑かれたように毎日描いていた人たちが。いまは、いない。

私の感じている「不在感」は、私だけのものなのだろうか、一過性のものだと、振り払って前に進めるだろうか。

進みたい。私は生きた人間を最後まで演じたい。コスプレカッコワライだと他人が思っても、自分だけはそんなことを思いたくない。だって、本気なのだ。自分の見つめてきた世界を失いたくない。願わくは、幕引きは自分の手で。例え戦場に散る身だとしても、満ち足りた思いで。どうか。

弱音を見てしまった方がいたとしたら…すまないと思う。
まだ、止めません。
25日に

25日に

大したことできなかったけど、大したことが既にあったのである